©  2018 Akasaka General Group All Rights Reserved.

赤坂綜合グループ

所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-34-314 

TEL:03-5570-0625 FAX:03-5575-3519

1950年代に創業、不動産事業で県内トップ企業に。
​阪神大震災により被災するも、神戸市の復興に寄与し表彰される。1995年、公開企業の再建に着手。従来の不動産事業に加え、液晶事業、環境事業を新展開。2008年赤坂綜合事務所において、経営コンサルタント、不動産コンサルタント、環境コンサルタント業務を中心再活動、以後中国、東南アジアを中心にコンサルタント事業を展開中【Never give up!】

赤坂綜合グループ 代表 

昭和35年       1960年  荻坂綜合事務所設立(労務管理・行政書士)
昭和37年       1962年  宅地建物取引業(S39建築施工業)を併設
昭和38年       1963年  兵庫県綜合保険協会理事長
昭和62年       1987年  オギサカ株式会社に商号変更(海外支店8ヶ国)
​平成  2年       1990年  当年度資本金15.75億円、国内外グループ売上980億円
平成  6年    1994年  オギサカ復活・マンション売買仲介 300戸契約 
平成  7年       1995年  阪神大震災で被災(神戸市他不動産物件資産喪失)
                                      阪神大震災復興に貢献。神戸市より表彰される
平成  7年       1995年  経営手腕を買われて赤字転落の上場企業 再建のため                                                                    代表取締役社長に 就任
平成 13年       2001年  環境事業開始
             液晶事業開始
                                          トヨタ自動車グループ 豊田合成株式会社と資本人事交流
平成 14年         2002年  南千住地区センター再開発事業(商業・余暇施設)に三井不動産                                                                             とヒューネットが決定、着工完成
平成 15年          2003年 代表取締役社長辞任
                                         会長就任。諸事業を後進に譲る
平成 20年          2008年   赤坂綜合事務所(社労士、行政書士、不動産コンサルタント、経営                                               コンサルタント、環境コンサルタント等資格を活用した企業支援の                                                                          総合業務事務所)の業務を積極展開
​          
                          ワールドワイドに活躍された企業家の成功と失敗の実体験から国際
        ビジネスのノウハウを学ぶことを目的とした、NPO「国際経営塾」
                           を和田一夫理事長と共に理事に就任し活動、中国を中心にアジア諸
                            国で活動
                           NPOグリーンフォーラム・NGO Green Forum 理事就任
       
平成30年   一般社団法人 アジア環太平洋経済同友人
                         ⬜︎ TPP 11ヶ国に関連する活動の支援
       ⬜︎ 当該諸国の人材の交流、教育活動
                                                                   
                                                                                                                          
 
                          上場企業数社の顧問就任、業績向上(黒字化)等実績をあげる。
                           日本商工会議所メコン五カ国経済委員会に参加 当該国の各種支援事業に参加
 
                                      
                                                                                                                
                                                                                                              現在に至る